• トップ
  • ニュースリリース
  • コラーゲンペプチドにより食後の血糖値の上昇が おだやかになる可能性が示されました ~「第71回日本栄養・食糧学会大会」にて発表~

ニュースリリース

コラーゲンペプチドにより食後の血糖値の上昇が
おだやかになる可能性が示されました

~「第71回日本栄養・食糧学会大会」にて発表~

印刷

2017年05月22日

 森永製菓株式会社(東京都港区芝、代表取締役社長・新井徹)は、健康分野における機能性素材の研究を推進しております。この度、コラーゲンに関する研究成果として、コラーゲンペプチドにより食後の血糖値の上昇がおだやかになる可能性が示されました。(5月19日~21日に開催された第71回日本栄養・食糧学会大会にて「マウスの耐糖能試験におけるコラーゲンペプチドの血糖値上昇抑制作用」という演題で発表致しました。)

詳しくはPDFをご覧ください。

ニュースリリース一覧へ戻る