研究成果 コラーゲンペプチド

1.コラーゲンとは

私たちの身体は主にたんぱく質からできており、そのたんぱく質の約30%をコラーゲンが占めています。コラーゲンは爪や髪、皮膚や骨、軟骨、腱などの結合組織の主成分として存在しています。
特に皮膚においてはコラーゲンが約70%を占め1)、重要な役割を果たしています。皮膚は外側から表皮、真皮、皮下組織となり、表皮は外部からの異物の侵入や水分の蒸発を防ぐ皮膚のバリア機能を担っています。真皮はタンパク質線維、基質、線維芽細胞で構成され、肌の弾性機能を保持しています。真皮のタンパク質線維の大部分を占める線維状コラーゲンに、エラスチンやヒアルロン酸等が加わって、線維芽細胞がマトリックス成分を形成します。この弾力的な構造によって肌の弾性を維持しています。
加齢とともにコラーゲンの産生や代謝は低下し2)、紫外線などによってコラーゲンの分解が促進されます3)。その結果、しわ、たるみといった肌トラブルを引き起こし、見た目の老化を引き起こすことが知られています4)

1) 和田正汎, 長谷川忠男編著,コラーゲンとゼラチンの科学, p19,建帛社(2011)
2) J.H. Chung et al, J. Invest. Dermatol., 117, 1218-1224 (2001)
3) G.J. Fisher et al, N. Engl. J. Med., 337, 1419-1428 (1997)
4) 藤本大三郎, 老化のメカニズムと制御, p277-312, アイピーシー(1993)

2.コラーゲンペプチドとは

コラーゲンは、フカヒレ、手羽先、牛スジ、豚足、煮こごりなどの食材に多く含まれています。このコラーゲンを加熱してほぐしたものがゼラチンであり、さらに酵素などで細かく分解したものがコラーゲンペプチドです。
コラーゲンペプチドは低分子であるため、水に溶けやすく、食品や化粧品分野で広く活用されています。特に食品においては消化吸収面からも有利になります。一般的に健康食品などでコラーゲンと表記されているものは、このコラーゲンペプチドのことをいいます。現在流通しているコラーゲンペプチドは牛、豚、魚、鶏などから作られますが、豚由来が過半数を占めています。
コラーゲンペプチドは、他のたんぱく質と同様に、摂取するとアミノ酸に消化・分解されますが、特徴的なアミノ酸であるグリシンやプロリンを豊富に含むため、皮膚や関節を構成しているコラーゲンを合成する栄養源として重要です。さらに、コラーゲンペプチドはアミノ酸が2〜3個つながった状態で吸収され、線維芽細胞を刺激して様々な生理活性を誘導することが最近の研究で報告されています4, 5)

4) 浅野ら, Bio Industry, 18, 11-18 (2001)
5) Samonina et al., Pathophysiology, 8, 229-234 (2002)

3.コラーゲンペプチドの皮膚に及ぼす効果

森永製菓では、コラーゲンペプチドについて様々な角度から研究を行い、その有効性を検証しています。

3−1. コラーゲン合成促進効果

これまで皮膚の老化に対して、コラーゲンペプチドがどのような効果をもたらすのか詳細な検討はされていませんでした。そこで我々は、加齢モデルラットを用いて、コラーゲンペプチドの効果を検証しました。
皮膚の湿重量(肉芽組織)の変化、コラーゲン特有のアミノ酸であるヒドロキシプロリン(HYP)量の変化を調べるため、コラーゲンペプチドの量をかえて与えたところ、用量依存的に皮膚の湿重量が増加し、さらに湿重量に比例してHYPが増加しました。
つまりコラーゲンペプチドの摂取によって、皮膚のコラーゲン量の増加が確認できました。

Mean±SE 対照群と比較して *P<0.05

また、コラーゲンの合成促進作用について、4種のペプチド・たんぱく質素材の効果を検証しました。コラーゲンペプチド、カゼインペプチド、大豆ペプチド、乳タンパクの4種をそれぞれ与えたところ、コラーゲンペプチドが最も肉芽組織の形成つまりコラーゲン合成を促進することが確認できました。

Mean±SE 対照群と比較して **P<0.01
出典:伊藤ら(森永製菓) 2013, 60(6), 278-285, 日本食品科学工学会誌

これらの結果から、コラーゲンペプチドを摂取することで、他のたんぱく質源の摂取とは異なり老化で不足する皮膚のコラーゲンが増加することが分かりました。

3−2. 美肌効果 : 東京工科大学との共同研究

コラーゲンペプチドのヒトの肌に対する影響について、コラーゲンペプチドを配合した飲料で検討しました。
30〜50歳代の健康な女性10人に、コラーゲンペプチド10gを配合した飲料を24日間飲用してもらい、目尻および頬における肌水分(角質水分量)、肌弾性(皮膚粘弾性)、保湿機能(経皮水分蒸散の低下)について測定装置で評価したところ、飲用前に比べてすべての指標が増加しました。
また、肌のキメについて、画像による5段階評価を行ったところ、特に目尻で肌状態の改善傾向が見られました。
これらの結果から、コラーゲンペプチド10g配合飲料を24日間継続摂取することで、肌の保湿機能(うるおい・乾燥しにくさ)、肌弾性(ハリ・バリア機能)といった基本的な肌機能が改善し、さらに肌のキメも改善傾向がみられることが分かりました。

Mean±SE 対照群と比較して *P<0.05 paired t-test
Mean±SD *摂取前と比較してP=0.06
出典:内田ら(森永製菓) 2013, 42(8), 7-12, ファインケミカル

加齢に伴う皮膚老化を示すパラメーターが改善され、コラーゲンペプチドの肌に対する有用性つまり肌を健康で美しくする効果が確認できました。国内外の他の研究グループが行った試験においても、コラーゲンペプチドを5g以上摂取することで同様の効果が確認されており、またより年齢が高い人ほど効果が発揮されやすいと報告されています。

ページのトップへ