菓子育

お菓子の価値は栄養補給だけでなく、人と人、心と心をつなぐコミュニケーションの役割であると森永製菓は考えます。
オリジナルハイチュウづくりや紙芝居等の「菓子育プログラム」で、創造性を育みながら、お菓子の価値やお菓子との上手な付き合い方をたのしく学ぶ機会を提供しています。

キッザニア

お菓子工場パビリオンでは、ハイチュウの製造を通じて、働くことのたのしさや、ものづくりの工夫を体験するだけでなく、食品衛生やルール・マナーを学び子どもの自立性や社会性を養います。

工場見学

工場見学では、ものづくりのたのしさ・醍醐味に加え、食の安全・安心のための取り組みを目で見て実感していただけるよう心がけています。また、親子見学会では工場ならではの商品を使ったプログラム「オリジナルハイチュウづくり」も実施し、「直接体験」の機会を提供しています。