フェンシングフルーレ 太田雄貴杯

大会に参加する為の倍率は年々高くなっており、試合のレベルも非常に高かったです。フェンシングの競技普及が進んでいる事と同時に、太田雄貴杯の価値も高まっている証拠だと感じました。今年の世界選手権で準優勝の西藤選手、3位の敷根選手は第1回の太田雄貴杯で試合をしていました。
「継続は力なり」。
公益社団法人 日本フェンシング協会会長 太田 雄貴