品質への取り組み

森永製菓では、品質は何よりも優先される事項として、
商品の企画・開発から製造・物流そしてお客様が食された後までのことを考慮し、
それぞれの部門がお客様視点で活動しています。

品質保証体制

企画・開発

安全性や法律への適合性を点検する仕組み(品質アセスメント※1)を運用し、品質が確保されることを確認しています。

※1:品質アセスメント
デザイン、表示、賞味期限、製造条件、包装形態など約230 項目について、安全性や法律への適合性を点検する仕組み

原料の安全性確保

使用原料は厳格な規格を定め、それに対応できる原料メーカーから購入しています。原料は、食品衛生法などの法律に違反していないことはもちろん、食品添加物、アレルギー物質など安全・安心に関わる情報を確認します。また、必要な検査を行い、原料が安全であることの確認も行います。

工場での品質管理

工場では独自の品質管理手法である「森永HACCP※2」に沿って管理を行い、不都合品をつくらない、工場から出さない体制を整えています。また、工場での品質管理が正しく機能しているかどうかを定期的に監査・点検し、安全性や品質の確保に取り組んでいます。

※2:森永HACCP
食品危害を未然に防ぐ国際標準の総合衛生管理手法(HACCP)をベースに包装状態や製品の形、味といった品質面も含めて管理する森永製菓独自の仕組み。

保管・輸送・店頭管理

工場から出荷した商品がお客様のお手元に届くまで、適切な条件で流通するよう基準を定め、適切な管理を実施しています。

安心・安全への取り組み

正しく分かりやすい表示

パッケージに記載する表示は、食品衛生法やJAS 法等の法律に従うことはもちろん、お客様が商品を選択する際の重要な情報です。健康に関するアレルギー情報、栄養成分、賞味期限などについても、見やすく分かりやすい表現になるよう工夫しています。

食物アレルギーへの対応

パッケージに見やすく、分かりやすく記載するとともに、ホームページ上にも「アレルギー情報一覧」を掲載し、安心してお客様が商品選択できるよう努めています。これからも当社は、アレルギーをお持ちのお客様のことを考え、特定原材料及びそれに準ずるもの(27 品目)について品質管理を徹底し、安全・安心な食品をお届けする努力を続けていきます。

アレルギー情報一覧

PAGE TOP